ブリッジ

手術せずに治療したい、装着による違和感を減らしたい


「橋」を意味するブリッジは、欠損した歯の前後にある歯を削って土台にし、橋のようにつないで歯がない部分を補う治療法です。手術の必要がなく、装着中の違和感もあまりありません。欠損した歯とその両隣の歯の状態によって治療期間は異なります。




ブリッジの治療方法

ブリッジは欠損している歯の両隣の歯が残っている場合にできる治療です。両隣の歯に人口の被せ物をし、欠損部分には歯の偽物を作製することで欠損した歯を補います。装着後の見た目も自然で、違和感もなく、自分の歯とあまり変わらない強さで噛むことができます。
ただし、両隣の歯が健康な歯である場合は、歯を削ることで負担をかけてしまう可能性もありますので、治療の際は歯の状態を十分確認して判断します。基本的に、ブリッジは保険適用の治療になります。


被せ物の料金

保険適用のものと保険適用外のものがあります。

メタルボンドクラウン
メタルボンドクラウン
  • 保険適用外
  • 120,000円/1本
  • メリット
    色が長期的にきれいでプラークが付きにくく、壊れにくい素材です。
  • デメリット
    保険外のため高額診療になります。金属アレルギーの方に使用できません。
金属インレー
金属インレー
  • 保険適用
  • メリット
    壊れにくい素材で、保険内の診療のため安価に治療を行えます。
  • デメリット
    金属の色が目立つので見た目が悪くなります。金属アレルギーの方は使用できません。
金属冠
金属冠
  • 保険適用
  • メリット
    壊れにくい素材で、保険内の診療のため安価に治療を行えます。
  • デメリット
    金属の色が目立つので見た目が悪くなります。金属アレルギーの方は使用できません。
レジン前装冠
レジン前装冠
  • 前歯、一部条件下で第一小臼歯のみ保険適用
  • それ以外の治療は
    保険適用外
    50,000円/1本
  • メリット
    白い部分が壊れた時の修復が容易にできます。保険内の診療の場合は安価に治療を行えます。
  • デメリット
    経年変化で色が暗くなってきます。
CAD/CAM冠
CAD/CAM冠
  • 第一第二小臼歯、一部条件下で下の第一大臼歯は保険適用
  • メリット
    見た目がきれいで、保険内の診療ができます。
  • デメリット
    経年変化で色が暗くなってきます。

※料金はすべて税別となります。
※価格は2019年8月7日現在のものとなります。

入れ歯

比較的短期間で抜けた歯を補いたい


入れ歯は、欠損した歯の部分に数本の人工の歯を人工樹脂で連結したものです。欠損した歯の隣の歯や歯ぐきに入れ歯を固定することで食べ物を噛めるようにする治療法です。欠損した歯が数本である場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯を入れます。ブリッジやインプラントと違い、取り外しできるのが特徴です。




入れ歯の治療方法

当院での入れ歯治療は、問診・検査の後、患者さまの歯とお口の中状態、治療方法、治療期間や費用をご説明しながら、どのように治療を行っていくかを決めていきます。
入れ歯の種類を決め、お口の型取りや噛み合わせの計測をしたら仮入れ歯を作製します。患者さまに仮入れ歯を装着していただき、痛みや噛み合わせ、他の歯とのバランスなどを確認していただき、微調整を行います。その後、完成した入れ歯を装着して最終調整をして仕上げます。
入れ歯を長持ちさせるためには定期的なメインテナンスが大切です。当院では入れ歯のチェックに加え、虫歯や歯周病の検査も行い、入れ歯と健康な歯をきれいに保つよう指導しています。


治療費

ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯
  • 保険適用外
  • 130,000円/1装置
  • メリット
    金属の範囲を少なくするため見た目が綺麗です。
  • デメリット
    保険外の診療のため費用がかかります。異物感があります。
一般的な義歯
一般的な義歯
  • 保険適用
  • メリット
    保険適用のため安価に作成できます。
  • デメリット
    金属の針金がかかるため見た目が少し悪くなります。異物感があります。

※料金はすべて税別となります。
※価格は2019年8月7日現在のものとなります。